コンサルタントの読書術 確実に成果につながる戦略的読書のススメ [ePub版]

コンサルタントの読書術 確実に成果につながる戦略的読書のススメ
通常価格: 250   

126 

割引額: 124  (50%)
-50%

ページ数 : 116

<内容紹介>

「速読術は不要」と言い切る著者による、コンサルタントの手法を応用した読書術。普通のスピードでも、ちゃんと読んだ本が身になる、実践できる、効率がよい。
最短の時間で、確実に、成果につなげるための、戦略的な読書の原則を解説します。コンサルタントが日々考えている、最短の時間で、最大のアウトプットを得る方法を、読書に応用したノウハウが書かれています。
読書ということにとどまらず、あなたの知的生産性をあげるための基本原則でもあります。

<まえがきより>
本を読んでも身につかない。
本を読んでもスキルがアップしていない。
本を読む習慣はできた。たくさん本を読んでいるにも関わらず、なかなか身にならない。仕事の成果に結びついてこない。

そのような悩みを抱えているビジネスマンのために、本書を書きました。
本書は「コンサルタントの」という冠がついているように、コンサルタントが実践する最短の時間で最大の成果を得るリーディングの方法について書いたものです。
私を含めコンサルタントと呼ばれる人々は、本から知識・スキルを学んでそれを実践するのが、おそらく一番うまい人種だと思います。そのノウハウを凝縮して書きました。

・明日までに企画書、プレゼンを仕上げないといけない。短期間に成果を出したい。
・やったことのない新しい分野の仕事に取り組む必要があるため、読書が必要。
・少ない時間の中で、すばやく情報を得て、本質を掴めるようになりたい。
・読書と仕事の中で実際に役立てることとの間の「つなぎ」の秘密が知りたい。
・コンサルタントのように、幅広い知識を短期間で身につける方法が知りたい。

といった人にとって多くのヒントを得てもらえるものと思います。

読書目的の立てかたから、本の選びかた、読みかた、実践に繋げるまでの一連の手法について解説しています。読書を通じて、効率的に知識・スキルを学び、実際の仕事の成果に繋げるまでのサイクルを解説しています。

本読書法は、「アウトプット」ということに徹底的にこだわっています。教養や人生のための読書ではなく「仕事で成果につなげる」ための読書とはどうあるべきかということに徹底的にこだわっています。
そこが他の読書法の本との最大の違いです。
多くのビジネスマンにとっての最大の関心事は、いかに効率的に知識・スキルを得て、より高度な仕事をして、生産性をあげていくかということだと思うからです。
もちろん教養や人生のための読書は私は否定しませんし、私はそういう読書も大好きです。しかし、あえて本書では、ビジネスのための「成果を生み出す」読書に方法に焦点を絞りました。

第1章では、本を読む目的をフォーカスするということを述べています。本を読む前に考えるということが、成果を生み出すために最も大切であるということに気付いてほしいのです。

第2章では、本の選びかたを解説しています。良書をすばやくスクリーニングする方法、4つの本のタイプで本を分類する方法、それぞれのタイプの本の読みかたについて解説しています。

第3章では、実際の本の読み進めかた解説しています。読書においてPDCAサイクルを実践し、仮説思考やロジカルシンキングを使って、本の内容を効率的に理解する方法について解説しています。

第4章では、読書を成果に繋げるための技術を解説しています。読書すると同時に成果にまとめる(インプットとアウトプット同時法)を中心に、ナレッジメモの整理法など、成果に繋げる技術全般について理解していただけると思います。

<著者略歴> 
大石 哲之(おおしいてつゆき)
1975年東京生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社後、戦略グループのコンサルタントとして、全社戦略の立案、マーケティング、営業革新などのプロジェクトに携わる。その後、株式会社ジョブウェブを起業し、取締役副社長。同社退社後は、個人コンサルタントとして独立、本の執筆も開始。株式会社ティンバーラインパートナーズを設立し、現職。

レビューはまだありません

商品は以下のファイル形式で提供されます。

  • ePub ePub

画像に表示されている英数字を入力してください。

ロード中...