ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行 02.中国 北京五輪編

通常価格: 99   

85 

割引額: 14  (14%)
-14%
森山 たつを

ページ数 : 【34330文字 (文庫本約91ページ 約1/2冊分)】

HonYeah!オープン記念 85円セール中!

※本書は、amazon kindle storeで発売中の、もりぞお世界一周紀行×3 02.中国北京五輪編 03.アメリカ金融危機編 04.メキシコお気楽編 の前半1/3と同内容になっています。「×3」をお買い上げの方は重複してしまいますのでご注意ください。

突如会社を辞めて、世界一周旅行へ!
しかも、チケットは、ビジネスクラス!

北は北京オリンピック、南は南極のそばまで、1年間のビジネスクラスの世界一周!1年間のビジネスクラスの世界一周!深夜特急とは真逆の、陸海空なんでも使っての大名旅行!
バカ体験×勝手な視点で経済を深読み×表から裏まで徹底観光!
現地で毎日の様に記して来た旅行記を、まとめて電子書籍化しました!

本書は、シリーズ2巻 中国北京五輪編におまけの、北京五輪 野球バカ編(もしくは星野監督のバカ編)をセットにしたものです。
※本シリーズは、どこから読んでも楽しめるようになっておりますので、ご興味がある国からお手にとって頂けたらと思います。

2008年、ミレニアムバブルのピークともいえる北京五輪を現地で体感しました。
北京で、熱狂に沸く、北京。それは、中国が牽引してきた世界経済の活況のひとつのピークだったのかもしれません。その翌月には、リーマン・ショックが起こります。

香港編では、なんと、本書のライバルである「深夜特急」の沢木耕太郎、そして深夜特急ドラマ化の際に、主演の大沢たかおが泊まったホテルからスタート!なぜか、香港の銀行HSBCに銀行口座作りに行ったりしています。

おまけの野球バカ編では、鉄拳制裁体罰監督でおなじみ星野監督を、北京オリンピックのスタジアムから、必死で糾弾しました!その声は会場に届いたのか!?たぶん、届いてない。

【34330文字 (文庫本約91ページ 約1/2冊分)】

目次

香港編
01.香港で沢木耕太郎や大沢たかおが泊まったホテルに泊まる
02.香港最大の銀行HSBCに口座を開く
03.香港の吉野家で、くまと豚と出前一丁

中国編
01.北京五輪現地レポート 街中編 そして、中国の新聞一面をゲットした「世界蛙王」
02.北京五輪現地レポート 競技場周辺編 競技場が見れない人々、チケットが買えない人々
03.北京の牢獄のような宿と、ホームレスポーランド人
04.北京五輪のステキ野球場とうんこ運営
05.北京五輪手荷物検査の「進化」から、「いい加減」を考える
06.浜口京子最後(から2番目)のオリンピック ありがとう!浜口一家!
07.北京オリンピックメイン会場 圧倒的な、『鳥の巣』
08.劉翔の衝撃の棄権から、スポーツと芸能のバランスを考える
09.北京五輪の地味な種目あれこれ
10.香港に台風直撃!北京-香港便死亡!どうやってサンフランに行くんだ!?
11.北京空港→深セン空港→香港空港→サンフランシスコ空港

北京五輪 野球バカ編
01.予選台湾戦 ホームランの魔力
02.予選韓国戦 「ピッチャー交代!」のタイミング
03.準決勝 韓国戦 「切り札は早く切れ」
04.三位決定 アメリカ戦 「五輪野球の敗因のおさらいそして、ひとつの希望」

商品は以下のファイル形式で提供されます。

  • ePub ePub
  • キンドル(.mobi) キンドル(.mobi)
  • PDF PDF

画像に表示されている英数字を入力してください。

ロード中...