税理士がこっそり教える「会社設立ビジネスのウソ」

99 

高木 健太郎

ページ数 : 5

税理士がメインとしている「会社設立ビジネス」について簡単に書いてみました。(全5ページ)

会社設立と検索すれば多くの士業の広告が出てくることをご存じでしょうか?

なぜこんなことになっているのでしょうか?

会計事務所の勤務経験があれば誰もが知っていることなのですが、一般の方にはあまり知られていない情報です。

会計や税務のややこしい話は全く書いていません。

世間話を隣で聞いているような感覚で、おもしろおかしく、気軽にお読み下さい。

私個人としては士業が会社設立を煽る昨今の状況は間違っていると感じています。

会社を設立するには時期尚早の起業家までもが士業の広告戦略に踊らされ、無駄なコストを負担している現状があります。

無理に会社を作る必要はありません。

ご自身で正しい情報を入手し、正しい判断をして頂きたいと思います。

以下、目次です。

1.会社設立ビジネスとは?

① 税理士業界は「会社設立」ビジネスに沸いています

② 検索エンジンで「会社設立」と検索してみる

③ 会社設立0円!広告の真実

④ 税理士にとっての「いいお客さん」とは?

⑤ 創業当初のお客さんに対する税理士のサービス

⑥ 会社設立はまだ早い!その理由

2.個人マイクロ起業のススメ

 最初は個人事業で様子をみましょう

 副業をして会社にばれないか?

③ 副業を始める時に何か届出は必要か?

④ 副業収入は事業所得?雑所得?

3.いつ会社を作ればいいか?

4.最後に

レビューはまだありません

商品は以下のファイル形式で提供されます。

  • PDF PDF

画像に表示されている英数字を入力してください。

ロード中...